どれが花にいいの? 試した結果は?

写真の左から1⇒4です

5/6 

よく効くワンポイントをまとめて試してみました 実験スタート

1.水のみ      (水250ml)
2.10円玉入りの水 (水250mlに1個)
3.延命剤入りの水 (水250mlに2ml)
4.漂白剤入りの水 (水250mlに2滴)

摘んでから水を吸っていなかったので3の中に元気の無い花があります

※実験には特に細い茎のものを使っています。
販売しているものは茎のもっとしっかりしたものなので、日持ちはもっと良いですよ

5/7

一日水に浸かって、水揚げが出来たのか
3に入っていたくたり気味も元気になりました
花の状態はどれもほとんど変わりません

1.2は水をかえました 3.4は水をかえていません

 

5/7  

1.2の花の状態です

5/7  

3.4の花の状態です

6/9

全体から見た感じです

まだまだピンと元気です♪

6/9

1・2の様子です

6/9

3・4の様子です

見てほしいのは花の中央!
新鮮なうちは芯がたくさん
見えています

6/11

1の様子です

水をかえました

6/11

2の様子です

水をかえました

6/11

3の様子です

6/11

4の様子です

6/9のと比べて芯が
少なくなってきています
これが花の老化の合図

これを花がふくといいます

6/12の全体の様子です

全体を見る分にはまだまだ元気です

6/12

1の様子です

水をかえました

6/12

2の様子です

水をかえました

6/12

3の様子です

水をかえました

6/12

4の様子です

水をかえました

昨日より芯が見えなくなりました
こうなると本当は花の寿命も
終わりです

6/17

ついに枯れ始めるものが出てきました
テストの結果、花の状態はどれもそんなに変わりませんでしたが、
水に浸かっている茎が延命剤のものが一番綺麗でした
ハイターは茎にシミのような点々が出てきました
水と10円玉は茎が溶けてきていました

夏など暑い時期は1週間が寿命の限界ですが、
冬など寒い時期は上手に活ければ1ヶ月以上持ちますよ

※6/12くらいの状態でスーパーなどで売っているのを見かけます
出来るだけいい状態のものを見極めて買ってくださいね

10円玉・・・銅に含まれる成分が花の栄養になります。また、銅に含まれるイオン効果で水を殺菌します。
漂白剤・・・殺菌成分が水の中のバクテリアの繁殖を抑え、水を腐りにくくします。
延命剤・・・花の栄養分と殺菌成分の両方が入っています。ホームセンターなどで簡単に手に入ります。